あれ?

ショウシャ

完璧ミスった

「完璧ミスった」

「なに、どした」

「え?」

「え?いや完璧ミスったって、何を」

「えっ? いま口んだしてた?」

「えっ、出してたじゃん え、無自覚なの?なに?怖いんだけど」

「かんっぜんに無意識だったわ…え〜これやばいよね?なんていうの?夢遊病みたいなカテゴリだよねこれ」

夢遊病…あー、まあ言いたいことはわからんでもないけどもさ」

「今後あたし飲み会とか誘われたらどうしよう、飲んだらさらにやばいよね?」

「あ〜〜 、絶対上司の文句目の前でいうでしょ。ウッザ〜〜このハゲ とか言っちゃうでしょ。」

「や〜〜だぁ〜〜!社会的な死じゃんーー!!え〜〜どうしようほんと、社会的な死の方が肉体の死より何倍も恐ろしくない?」

「ええ?え〜〜…死…死ぬとか考えてもわかんないよ」

「うそでしょ?死んだらどこに行くんだろう〜とかさ」

「いやそういうことじゃなくてさ、ほら、死んだことないじゃん?こちとら」

「は、そりゃそうですけど」

「だから、死ぬってリアルな感覚がわかんないわけじゃん、怖がりようがないよ」

「はぁん?なんて女なの…心臓に毛が、あのデッキブラシのやつの毛が生えてるでしょ、」

「いや緑のかったいやつ生えてないから」

「うそつくなよ!!この野郎!!」

「いたいいたい耳たぶマジやめてってば、やめてって!!いった…ほんと…いい加減にして…バカ力把握して…」

「あっ ごめ… ごめんて 」

「いや大丈夫だけどさ」

「ごめん」

「それで?」

「………………以後反省して気を付けます」

「いやそれじゃなくて、ミス」

「は?」

「いやだから、完璧ミスったってのは、なんなの」

「は?  あっ はい完璧ミスった発言のことね」

「完璧ミスった発言のことです」

「いや、今腹が気持ち悪いねん」

「…うん」

「原因はわかるんだよね、TKGだよTKG」

「TKG」

「朝食べた卵かけご飯の卵がいつかった卵か覚えてなかったのに、使っちまったんだよね」

「ああTKGって、そゆことね  いや、めちゃめちゃ愚かじゃん」

「そう、こればっかりは愚か、愚かMAXなの」

「うん」

「だから、 完璧ミスった。卵使って完璧ミスった。てこと」

「ふーーん……」

「トイレ行きたいーーでもレポートがあと5行やから我慢してフィニッシュトイレにしたい気持ちもある〜〜」

「うん…  はやくいけよ、漏らされたら困るのわたしだから」

「困るのはおまえか……じゃあいいか」

「いうとおもったわ、本当に」

「うひひひひ」

「早く行ってトイレに」

「わーーかった、わかった。」

「あーーもう、完璧ミスったわあんたを友達にもって」

「おっ。オチついたな。オチついたのでトイレ行きます」

「はずいからやめて」