あれ?

ショウシャ

ばいばいの前に夢を

「最近へんな夢しか見てないんよ」
「へんな夢って、どんなん」
「わからん」
「は?なにそれ…」
「へんな夢だって感触と、空気は確かに体が覚えてるんだけど、それがなんの夢だったかは全く覚えてないんよ」
「ええ?あ〜…まあでも夢なんて覚えとらんわな、起きた時」
「そうやんね?でも、」
「うん?」
「なんか、あんたがすんごい八重歯むき出しで笑っとった時とか」
「うん」
「あの〜現国の先生、なんつったっけ、新しい人、」
「中山ン」
「それ、中山ンが、ほら喋る時首揺れるやろ?ぶりっ子女みたいに」
「揺れるね!男のくせにな!」
「そん時とかね、そのへんな夢みたときのこう、じわ〜っと嫌な感じ?」
「うん」
「あれだけ思い出すん」
「なにそれ…………え?あんた今わたしのことディスったよね?」
「………」
「いやなんか言えよ」
「へんな夢は結局、一個も思いだせんかったなあ」
「いや……まあええけど」
「卒業する前にあんたに一個くらいは、夢の内容教えてあげたい」
「なんでよ。別にいらんけどな。」
「あんた、このわたしが、わたしのみた夢の内容教えたろうって、これがどんだけ大きな意味をもつかわかっとらんの?」
「わかっとらんわ」
「まあ、意味とか、ないけど……」
「やっぱりな、…ちょっと、わたしの机で寝んといてよ」
「んん〜〜〜〜、眠いんやって、ほんとに」
「あれ?昨日20時にLINEしても返信してこんかったん誰よ?」
「誰?知らんなぁ〜…」
「あんたやって。昨日はよう寝たん違うんけ?」
「昨日は……シャドバ?」
「勉強せえよ、本当に、わたし浪人生と友達ではいられんからね?」
「えっそれ、差別発言やよ。ヘイトヘイト。あかんよそんなん。」
「そんなん言えるがやったら勉強せえって。マックでも行く?」
「んん……」
「どっち?行く?行かない?はよきめて?」
「いく………」
「オッケ。そしたらもう行こうよ。」
「ん〜〜…。了解…。」
「寝んといてよ?」
「はあ…」
「……」
「あんた……来年は近くにおらんのか…」
「……そうよ。やからあんた1人でも勉強ちゃんと出来るように今からなって………ちょっと、あくびせんといて」
「今年のうちは、許してよ」
「わかったから、はよ、勉強して、うちに帰ってから寝な。」
「……今日は、夢、忘れんようにするね」


正夢はお皿を拭いて

「もうすっかり春ですね」

「え?」

「え?」

「9月」

「え?」

「今9月ですよ」

「え?今あたしなんて言ってました?」

「もうすっかり春ですねって」

「え?なんでそんなこと言ったんですか?」

「知りませんよ、君のことは君にしか」

「え〜、綺麗な言葉喋りますね」

「バカにしてるでしょ」

「そんなわけないじゃないですか!」

「春の話はどうなったんですか、俺それが気になってるのに」

「ええ〜…と…」

「…」

「…」

「………あの」

「あっ!あのね、あのですねえ」

「はい」

「こうやって隣り合わせでお皿拭いてるじゃないですか、今?」

「うん」

「いま私すんごい気まずくって、あ、ごめんなさい、時間が永遠のように思えたんですけどね」

「……はい」

「そしたらなんか、2人でお皿を拭いているうちに地球が何周もして季節が変わってるように思えてですね、そしたらもう、私達すんごく仲良くなってるような気になっちゃって、一緒に海行って、山行って、年越して、雪見て桜見たような、そんな気に。」

「…」

「そこで意識が戻ってきて、あ、なんか、言わなきゃって、思って、咄嗟に言葉発したんですけど、言葉だけ時空超えたまんまでした」

「へえ〜〜…」

「引きました?」

「引いてない」

「あれ?なんか優しいですね」

「俺と海行ってたの?」

「そう!あと山と、年越しと、雪と桜!」

「すんごい仲良いじゃん」

「そうですよ〜」

「ふーん…」

「行きます?」

「え?」

「え?いや海」

「に?」

「行かないんですか?」

「…………行く」

「じゃ、お皿拭き終わったら。」



近づく

「あ、待って…」

「ん」

「うーん…ちょっと…案内板…」

「あそこにあるよ」

「あ、良かった…助かります」

「俺も高円寺来たことないんだよね〜〜 」

「ですよね〜〜、…。」

「…」

「うーん…」

「…」

「………この現在地ってアテになりますかね?」

「んん?なんじゃん?グーグルでしょ、グーグル。グーグルは大丈夫」

「なんでそんなグーグルに絶大な信頼寄せてるんすか?グーグルに親の仇でもうってもらったんすか」

「なにその発想、すごいなお前。いや逆にグーグル信頼してないのなんで?」

「俺、地図が好きなんで。手書きの地図が」

「手書きの地図」

「電子の地図は敵ですから、敵。」

「侵略者?」

プレデターですよ」

「あー、…わかったわ〜〜。いやわかんないけど。わかったわ。」

「大体、なんで俺たちの現在地がわかるんですか、こんな小さい四角に」

「だから…あれ?だよ。ビーム。」

「ビーム?」

「ビーム?電波?GPSって何?」

「そのレベルの理解なのになんでビームっていったんすか」

「お前ツッコミキツイなさっきから」

「俺たちの現在地は俺たちだけのものですよね?」

「おお……そうだよ。俺たちの現在地は俺たちのものよ。」 

「ここどこですか?」

「方向音痴じゃねえか。」

「右が南?み 繋がりで?」

「違うと思うわ。お前よくうちの大学入れたな」

「東西南北わかったところでどこにも行けないですよね。」

「俺の話全然きかないな、お前」

「きいてますよ。先輩マジ尊敬してるんで。」

「早く店見つけてくんない?」

「はい。こっちです。」

「本当に?」

「はい。俺たちの現在地はこれからです。」

「それなんか気に入ってるみたいだけど全然上手いこと言えてないからね?」


ふたりの社窓から

「一人でいるのは寂しいじゃないですか?」

「うん?うん。」

「だからわたしね、最近は家に帰れないんですよ。」

「えっ?帰ってないの?」

「うん、あのね、足が帰路につかないんですよ。そうしようとすると、フラフラ、ガクガク、しちゃうんですよ。」

「それは…ヤバいんじゃないの?」

「まあ、いまのは嘘なんですけど。家に帰りたくないのはほんとです。」

「はっ?嘘なの?なんでそんな何にもならない嘘つくの?」

「楽しいからです。」

「ああ…」

「ふっ、でもね、本当に帰らない日もあって、そういう時ってわたし、サイゼリヤの窓際の席でぶどうスカッシュ飲んで飲んで、MISIAとか聴いて、車とネオンと人間が波打ってるのを見てるんですけどね、そういう日って、誰しもあるし、あるべきだと思うんですよ。」

「そういう日?」

「うーん、なんていうか、世界を遠く感じる日です。」

「ああ…うん、なんとなく伝わる。」

「それがないと、」

「それがないと、」

「あ」

「あれ?わたしがいうことがわかりました?」

「うんと…それがないと、自分が消えちゃうから、いつか。じゃない?」

「うう〜〜ん、それがないと、わたしは日々を愛せない、がわたしの正解かな。」

「愛せない…」

「愛せないっていうのもちょっと違うんですけどね、わたしバカだから、言葉が探し出せないです。」

「…」

「わたしはね、パソコンのキーボードを叩くだけの昼間とか、中国人のしてるイヤホンから音漏れがする電車とか、酔っぱらった女の人と男の人が頑張って歩く横断歩道とか、そういうものを大事にしたいし、慈しみたいんです。 でも、わからなくなってしまうから。あんまり溢れてるものだから。だから、そんな日がないと、だめだとおもうんです。」

「…君は優しいなあ。」

「だからね、」

「うん?」

「一緒にごはん、食べにいきましょ。」


完璧ミスった

「完璧ミスった」

「なに、どした」

「え?」

「え?いや完璧ミスったって、何を」

「えっ? いま口んだしてた?」

「えっ、出してたじゃん え、無自覚なの?なに?怖いんだけど」

「かんっぜんに無意識だったわ…え〜これやばいよね?なんていうの?夢遊病みたいなカテゴリだよねこれ」

夢遊病…あー、まあ言いたいことはわからんでもないけどもさ」

「今後あたし飲み会とか誘われたらどうしよう、飲んだらさらにやばいよね?」

「あ〜〜 、絶対上司の文句目の前でいうでしょ。ウッザ〜〜このハゲ とか言っちゃうでしょ。」

「や〜〜だぁ〜〜!社会的な死じゃんーー!!え〜〜どうしようほんと、社会的な死の方が肉体の死より何倍も恐ろしくない?」

「ええ?え〜〜…死…死ぬとか考えてもわかんないよ」

「うそでしょ?死んだらどこに行くんだろう〜とかさ」

「いやそういうことじゃなくてさ、ほら、死んだことないじゃん?こちとら」

「は、そりゃそうですけど」

「だから、死ぬってリアルな感覚がわかんないわけじゃん、怖がりようがないよ」

「はぁん?なんて女なの…心臓に毛が、あれ、あのデッキブラシのやつの毛が生えてるでしょ、」

「いや緑のかったいやつ生えてないから」

「うそつくなよ!!この野郎!!」

「いたいいたい耳たぶマジやめてってば、やめてって!!いった…ほんと…いい加減にして…バカ力把握して…」

「あっ ごめ… ごめんて 」

「いや大丈夫だけどさ」

「ごめん」

「それで?」

「………………以後反省して気を付けます」

「いやそれじゃなくて、ミス」

「は?」

「いやだから、完璧ミスったってのは、なんなの」

「は?  あっ はい完璧ミスった発言のことね」

「完璧ミスった発言のことです」

「いや、今腹が気持ち悪いねん」

「…うん」

「原因はわかるんだよね、TKGだよTKG」

「TKG」

「朝食べた卵かけご飯の卵がいつかった卵か覚えてなかったのに、使っちまったんだよね」

「ああTKGって、そゆことね  いや、めちゃめちゃ愚かじゃん」

「そう、こればっかりは愚か、愚かMAXなの」

「うん」

「だから、 完璧ミスった。卵使って完璧ミスった。てこと」

「ふーーん……」

「トイレ行きたいーーでもレポートがあと5行やから我慢してフィニッシュトイレにしたい気持ちもある〜〜」

「うん…  はやくいけよ、漏らされたら困るのわたしだから」

「困るのはおまえか……じゃあいいか」

「いうとおもったわ、本当に」

「うひひひひ」

「早く行ってトイレに」

「わーーかった、わかった。」

「あーーもう、完璧ミスったわあんたを友達にもって」

「おっ。オチついたな。オチついたのでトイレ行きます」

「はずいからやめて」

いか

「いかすき?」

「え?」

「いか、いかだよいか」

「いか?海のイカ?」

「そ」

「えぇ〜…好き…っちゃ好きだけど、てか、そんないかのこと好きとか嫌いとか考えたことねー、なくない?」

「あーー、まぁ、そーかもだけど、。」

「てかなんで?」

「え?」

「なんでいか急に?」

「あー、のねー、えーーと そこにさ、あっかいワンピ着てるこがいるじゃん?」

「どこ…あ、あれ?」

「うん」

「うん」

「で、あたしマリオ思い出しちゃって、マリオくらい赤いって心のノブが突っ込んでて、まあそれはいんだけど、あたしマリオの海のステージスッゴイ苦手だったのね?」

「あー俺も苦手だわたるくて嫌いだった」

「じゃん?そーじゃんね?そんでいちばんイカの敵が嫌いだったこと思い出して、ムカムカしたの」

「うん」

「だから」

「…………あ終わり?」

「おわりですけど」

「意味わかんな」

「んーーだよ いーじゃねーか、器が小さいおとこはモテないぞ」

「いや、マリオのイカにムカつくのと イカが好きか聞くの繋がんないっしょ」

「あーーーうるさいうるさいあーあー」

「またおまえいっつもそうやって」

「あーあーあーあー」

「この」

「あ、あひゃひゃ、やめてくださいー!そういうのNGなんですけど!」

「ちょっとよくわかんないです」

「バカヤローだな〜本当ーー    あねえ、こないだのどこだっけ」

「何が」

「ほら、でっかい いか焼き、戸越だっけ?」

「あーー  え?戸越じゃないっしょ渋谷じゃない?」

「ええ〜〜?しーぶやにいか焼きあるぅ?」

「えーーでも戸越行ったのだいぶ前じゃない?いか焼き…どこだっけ覚えてないわ」

「おっもいだせよ〜!バカヤロー〜!」

「るせーーバカヤローばっかいうなよ」

「あーバカヤローは覚えてないかも知んないけどそのいか焼きはめちゃくちゃ美味しかったなーー!!!」

「うるさいって、聞こえるって余裕で」

「んふふ」

「で?そのいか焼きたべたいの?いま」

「ん〜〜〜たべても〜〜〜たべなくても〜〜〜〜さしつかえない」

「なんじゃそれ」

「だから〜 わたしはいかは基本  無 だけど好きな時もあるってこと」

「たまにね?」

「そ」

「でもマリオのイカは?」

「でっっっっっ嫌い」

「うは」

「いか焼きもどこにあるかわかんないからマリオ買ってかえるか、きみのお金で」

「おい、マリオといか焼きの価値全然違うだろ」

Wii Uのやつな〜やってないから私〜きみ持ってるじゃんWii U

「もってないです」

「おいうそつくな、昨日確認したんだぞこっちは」

「あ〜泊めるんじゃなかった」

「はいはいはいはいビックカメラどこか調べてはいはいはいはい」

「買うの決定なの?も〜」

「決定!決定!イカぶっとばそーよ」

「それはちょっと良いかも」

「んね?はいビックカメラゴー!!」

「じゃーおまえビール買ってよ、ビール飲みたい」

「え〜〜男〜〜男が〜〜そんなこと〜〜?いいけど」

「はい、じゃ、とっとと買って、帰ろ」

「はーーーい」